防犯センサーの種類と選び方

ブログ

防犯センサーの種類と選び方

こんにちは!今日は防犯センサーの種類とその選び方についてお話しします。防犯センサーは、私たちの生活を守る重要な役割を果たしますが、その種類や選び方について詳しく知っている方は少ないかもしれません。ここでは、防犯センサーの基本的な種類、選ぶ際のポイント、導入のメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

目次

防犯センサーの基本種類

各防犯センサーの特徴とメリット

防犯センサーの選び方

防犯センサー導入のメリットとデメリット

他社との違いと自社商品「FALCO」のセールスポイント


1. 防犯センサーの基本種類

防犯センサーにはいくつかの種類があり、それぞれ異なる方法で不正侵入を検知します。主な種類として以下のものがあります:

  • 赤外線センサー:赤外線を利用して、物体の動きを検知します。
  • 超音波センサー:超音波を発信し、その反射波を分析して動きを検知します。
  • 磁気センサー:ドアや窓の開閉を検知するために使用されます。
  • 振動センサー:振動を感知して侵入を検知します。

2. 各防犯センサーの特徴とメリット

赤外線センサー

赤外線センサーは、人体や物体が放つ赤外線を検知して動きを感知します。高い検知精度を誇り、屋内外問わず幅広く使用されています。

メリット

  • 高精度で動きを検知
  • 広い範囲をカバー可能
  • 天候に影響されにくい

超音波センサー

超音波センサーは、超音波の反射を利用して動きを検知します。主に屋内で使用され、小さな動きも感知できます。

メリット

  • 高感度で小さな動きも検知
  • 設置が容易

磁気センサー

磁気センサーは、主にドアや窓の開閉を検知します。開閉時の磁気の変化を感知し、侵入を察知します。

メリット

  • ドアや窓の開閉を確実に検知
  • 小型で目立たない

振動センサー

振動センサーは、振動を感知して不正侵入を検知します。窓ガラスの破壊などにも対応できます。

メリット

  • 窓ガラスの破壊などの強い振動も検知
  • 早期警報が可能

3. 防犯センサーの選び方

防犯センサーを選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう:

  • 設置場所:屋内か屋外かで選ぶセンサーが異なります。
  • 検知範囲:カバーしたい範囲に応じて適切なセンサーを選びます。
  • 感度:高感度なセンサーは小さな動きも検知しますが、誤検知が増える可能性もあります。
  • 設置の容易さ:DIYで設置可能なものから、専門業者による設置が必要なものまでさまざまです。

4. 防犯センサー導入のメリットとデメリット

メリット

  • 安全性の向上:侵入を早期に発見できるため、犯罪の抑止力になります。
  • 安心感の提供:住民やオフィスのスタッフに安心感を提供します。
  • 保険料の減額:一部の保険会社では、防犯センサーの設置により保険料が減額されることがあります。

デメリット

  • 誤検知の可能性:動物や天候などによる誤検知が発生することがあります。
  • コスト:初期導入費用やメンテナンス費用がかかります。
  • 設置の手間:一部のセンサーは専門業者による設置が必要です。

5. 他社との違いと自社商品「FALCO」のセールスポイント

私たちの提供するFALCOオートロックシステムは、他社製品とは一線を画す高機能と高信頼性を誇ります。特に、以下の点で優れています:

  • 多機能対応:FALCOはICカード、暗証番号、QRコードといった多様な解錠方法に対応しています。
  • 高い耐久性:防塵・耐水性「IP65」、耐衝撃性能「IK08」といった高い耐久性を持っています。
  • 高画質カメラ:広角カメラを搭載し、エントランス全体をカバーする高画質映像を提供します。
  • PoE給電:電源供給が簡単で、配線工事が容易です。

まとめ

  • 防犯センサーの種類:赤外線、超音波、磁気、振動の各センサー
  • 選び方のポイント:設置場所、検知範囲、感度、設置の容易さ
  • 導入のメリットとデメリット:安全性向上、安心感、保険料の減額と誤検知、コスト、設置の手間
  • FALCOのセールスポイント:多機能対応、高い耐久性、高画質カメラ、PoE給電

防犯センサーを正しく選び、適切に導入することで、私たちの生活環境はより安全で安心なものになります。ぜひFALCOオートロックシステムの導入を検討してみてください。

TOP
オートロック施工全国対応
営業時間 9時~18時 (土日、祝日を除く)